定期保険の仕組み 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

生命保険

定期保険の仕組み

定期保険は掛け捨て型の保険で、保険期間内に被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われます。満期時に本人が生存していた場合、満期保険金などの支払いが発生しない、基本の保険となっています。

生命保険の保険料は加入者が死亡する確率と契約している保険金の額の積で求められます。これはすべての保険商品の基本となる保険料です。掛け捨てではない保険の場合、これに加えて満期保険料に相当する金額を積み立てる形になります、そのため月々の保険料が割高になっています。

これに対して定期保険は積み立て金がありません。基本の保険料だけで終身保険や養老保険と同額程度の保障を得るためだけの保険のため、月々の保険料は安く設定されているのです。小さな子どもがいるサラリーマンの場合は終身保険や養老保険を追加するより、定期保険を増額することで、月々の保険料は(他の商品に加入するより)低く済ませられるし、自分に万が一のことがあっても手厚く保障される安心感があるでしょう。

定期保険の場合、解約しても払い戻し金が発生しない場合がほとんどです。解約違約金とは終身保険や養老保険などの場合に、死亡保険金とは別に積み立てているお金であることが多いからです。これに対して定期保険の場合、保険料の払い込みが完了した=保険の満期となり、その後の保障がなくなることを示しています。解約違約金の元となる積み立て金がないので、満期となっても払い戻されるお金が発生しないのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved