加入の手続きについて 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

労災保険

加入の手続きについて

あなたが事業主となって労働者を使用したら、雇用保険と労災保険の加入手続きをしなければいけません。この二つは労働保険と呼ばれ、事業主に加入が義務付けられています。加入しないままに労働者を使用すると、法律によって罰せられるので注意しましょう。

さてその加入手続きですが、まずは労働基準監督署かハローワークへ行きましょう。労災保険適用事業となるため、事業の開始日から自動的に保険関係が成立していることになっているからです。行政上、いつから適用事業となっていたかを政府に届け出る必要があるため、しっかり保険関係成立の届出をしましょう。自主的に成立手続きが行われない場合、過去に遡って労働保険料を徴収するほかに、あわせて追徴金を徴収されます。

必要なものは「保険関係成立届」と、「概算保険料申告書」および「納付書」です。この保険関係成立届は真っ先に労働基準監督署かハローワークへ提出しなければいけません。このほか、雇用保険適用事業所設置届、雇用保険被保険者資格取得届も同時に提出しましょう。

提出機嫌は従業員を雇用した日から10日以内となっています。会社の謄本や労働者の名簿、賃金台帳、出勤簿を添付することもあるため準備しましょう。

煩雑な手続きになりますが、自分で出来ない場合社会保険労務士や行政書士などに依頼することもできます。労災保険料は労働保険料として、雇用保険の保険料と合算して一元的に徴収されることになっています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved