労災保険とは 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

労災保険

労災保険とは

労災保険と聞くと普段聞きなれない言葉なだけに、なかなかその中身を想像することが難しいですよね。しかしこれは労働をしている人全てに関係する、非常に大切な保険なのでしっかりおさえておきましょう。

労災保険とは、労働者災害補償保険法という法律に基づいて定められた制度です。業務上、あるいは通勤などで遭遇した災害などによって労働者が負傷した場合、疾病にかかった場合、障害が残った場合、死亡した場合に、被保険者や遺族に対して保険給付を行う制度になっています。

では業務上災害とはなんでしょう。労働者が就業中に、業務が原因で起こった災害のことになります。この業務上災害については労働基準法において、労働をさせている側が療養補償やその他の補償をしなければならないと定められています。

しかし事業所側が全ての補償をするとなると、その負担は非常に重くなってしまいます。労働者が確実に補償を受けられるようにするため、事業主の補償負担軽減のために設けられた保険が、労災保険というわけです。労災保険が適用された場合、事業所側は労働基準法による補償義務を免除される形となります。

事業主は一人でも労働者を使用すれば、強制的に労災保険の適用事業とし同保険への加入を義務付けられます。加入は事業所ごとに行い、労働者が個人で加入する必要はありません。

保険料はすべて事業所の負担となり、業務上災害や通勤災害によって負傷、死亡などした場合は労働者側が保険給付を受けることになります。この場合の労働者とは、正社員だけでなくパートタイマー、アルバイト、非正規雇用問わず、賃金を受け取っている方全てに適用されるものです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved