国民年金の仕組み 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

国民年金

国民年金の仕組み

年金制度は大きく分けて「公的年金」「私的年金」の二つに分けられます。公的年金は国民年金、厚生年金、共済年金の三種類で構成され、原則として20歳から60歳までの日本に住む人全てが加入することを義務付けられています。

対して私的年金には保険会社や郵便局が販売する年金型の保険商品や、確定拠出型年金があります。公的年金、私的年金を組み合わせたのが、日本の年金制度であり階層型の年金制度を理解するうえで重要な部分になります。

公的年金のうちどれに加入するかは、職業によって異なります。前述した第一号から第三号の被保険者とは、この三つの公的年金のどれに属しているかを指す言葉になります。 第一号被保険者の年金は基礎年金のみですが、国民年金基金に加入して保険金を支払っていれば受給額が上乗せされます。

第二号、および第三号被保険者は基礎年金に厚生年金や厚生年金基金、共済年金などが上乗せされます。第二号と第三号被保険者は、あらかじめ国民年金と厚生年金、共済年金の掛け金を給与から天引きされているため、新たに掛け金を納める必要はありません。

加入した人には、年金手帳が交付されます。加入制度が変わったときや年金の請求手続きなどのために、一生使うものですので大切に保管しましょう。この年金手帳には「基礎年金番号」が記されています。年金の制度が変わっても、登録したこの番号は事務手続きや照会などで利用するため、これも大切に保管しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved