教育訓練給付について 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

雇用保険

教育訓練給付について

雇用の安定と労働環境の福祉を目的にした雇用保険は、働く人の能力開発や向上のために教育訓練を受ける人を対象に給付金を支給する制度があります。向上心のある労働者の支援をし、雇用の安定と再就職の促進をはかることを目的としています。

給付資格は一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(在職中の一般保険者および離職した一般保険者)です。在職者の場合、被保険者としての期間が三年以上あることが条件の一つとなっています。離職者の場合、被保険者としての期間が三年以上あり、さらに離職した日から受講開始日までの期間が一年以内であることが条件です。

この条件を満たす在職者、離職者が厚生労働省の指定する教育訓練を受講、修了した場合教育訓練施設に支払った経費の40%に相当する額(上限20万円)が支給されます。また各種条件によって、上限が30万円の場合と10万円の場合に分かれることもありますので、ハローワークにて問い合わせてみましょう。

教育訓練給付金の支給申請は「受講修了後」の手続きが必要です。当然受講の途中でやめてしまった場合は申請することが出来ません。また、厚生労働省の指定教育訓練講座に限られるため、スキルアップや能力開発を考えている人は受けたい講座が厚労省の指定講座であることを確認したほうがいいですね。

支給の申請は教育訓練の受講修了日の翌日から数えて一ヶ月以内に行います。これを過ぎてしまうと申請できなくなってしまうので、あらかじめ手続きをする日を決めておくといいかもしれません。

また、やる気が旺盛で複数の訓練講座を受講したとしても、給付金の支給申請は一つの講座に対してのみにしか行えません。自分にあった講座、必要なスキルをよく見極めてから、勉強にチャレンジしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved