雇用保険とは 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

雇用保険

雇用保険とは

雇用保険とは、国によって定められている強制保険です。厚生労働省が保険者となって行う保険事業で、労働者が何らかの理由で失業した際に、再就職までの生活を安定させて就職活動を円滑に行えるように支援する目的があります。ここで重要視されるのが、「再就職を前提とする」ことです。就職する意思がない場合、保険給付を受けることが出来ません。

雇用保険は失業者へ保険金の給付を行っているため、失業保険などとも呼ばれてイマス。保険事業の内容は保険金の給付だけでなく、雇用状態の是正や再就職のための再教育、失業の予防など労働環境の福祉全体にわたります。雇用保険と労災保険をあわせて「労働保険」といいます。

雇用保険は従業員四人以下の農林水産業を除く、全ての事業所で加入しなければいけません。適用事業で働く労働者のほとんどが被保険者であり、保険料を支払う義務があります。ただし保険料は会社と労働者の双方で負担する形になります。この保険料は給料から天引きされているのが普通で、金額を確認したいときは明細を良く見てみてください。

被保険者の種類もその雇用形態によっていくつかに分かれます。一般被保険者に分類されているのが、週30時間上働くサラリーマンや派遣社員・パートタイマーの人です。高年齢継続被保険者に分類されるのが、65歳未満時に雇用されて、現在65歳以上になっている人です。このほか、季節的に雇用される短期雇用特例被保険者や日雇労働被保険者などの分類があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved