国保によるサービス 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

国民健康保険

国保によるサービス

国民健康保険に加入している人には、保険組合によって様々なサービスを受けることが出来ます。 たとえば、病気や怪我などで通院することになった場合、窓口で支払う自己負担金は原則としてかかった医療費の三割になります。70歳以上の高齢者の場合は窓口での自己負担は一割になります。

また、通常の妊娠や出産に関しては保険を利用することは出来ませんが、医学的な治療や検査などを行った場合は保険が適用されます。入院時も保険を利用することが出来ます。しかし中には保険適用外になる場合もあるため注意してください。たとえば入院する病室が利用者の意思によって個室になった場合は差額ベッド代には保険が利きませんし、病院内での食費についても適用外です。(治療上で必要な措置の場合はこの限りではありません)

また、医療費が高額になってしまった場合は、高額療養費支給制度を利用することができます。これは一ヶ月に支払った医療費のうち、自己負担額が高額になってしまった場合に適用される制度で、条件を満たしていれば自己負担額をオーバーしたうちの一定の金額が払い戻される形になります。

更に子どもが生まれたときも国民健康保険の加入者には嬉しいサービスがあります。被保険者や被扶養者が出産した場合、子ども一人につき一定の金額が「出産一時金」が支給されるのです。金額は地域や組合によって異なるため、所属の保険組合に確認をしましょう。 また、国民健康保険を運営する団体によっては、サービスの一環として訪問介護を設けているケースもあるようです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved