加入方法 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

国民健康保険

加入方法

国民健康保険へ加入できる人、あるいは加入手続きをしなければいけない人のパターンはいくつかあります。企業を定年などで退職した人、保険加入者の被扶養者でなくなった人、国保に加入はしていたけれど他の市町村へ引っ越した人、日本国籍を持たない人で長期滞在による外国人登録をした人、出生した人、生活保護を受けなくなった人、などです。 これらの場合、国民健康保険の加入手続きをする必要が出てきます。

加入手続きは住んでいる市町村の窓口へ申し出れば、所定の書類に必要事項を記入していくだけで大丈夫です。 加入のタイミングは原則として、手続きが必要になった時点から14日以内ですが、加入が遅れてしまった場合は未加入時期を遡って保険料を納めれば保険を利用することができます。保険料を納め終わるまでは保険証が発行されないので、医療機関にかかる予定のある人は加入忘れのないように注意しましょう。

加入の際に必要なものは、健康保険の資格喪失証明、継続給付があるときは継続療養証明書、年金証明、印鑑などです。国保は世帯ごとで加入するシステムですので、家族が職場の健康保険証や医療証、老人保健医療受給者証などを持っている場合は、手続きの際に持参してください。

企業などの社会保険と異なり、国民健康保険で大切なことは自分で手続きしなければ加入できないという点です。給与などから天引きで保険料を納めているときには気にならない保険料が、自分で支払う形になるために「もったいない」といって加入しない人もいます。 しかし今が健康だからといってこの先いつ病気や怪我に見舞われるか分かりません。交通事故や突然の病気などで、高額な医療費がかかることも考えられます。

このとき、国保にすら加入していないというと、病院からは不払いの危険がある患者として迷惑がられることもあります。

いざというときにしっかりとした医療を受けるためにも、国民健康保険に加入しておくことは大切です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved