国民健康保険の仕組み 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

国民健康保険

国民健康保険の仕組み

国民健康保険は国民全員の健康を守るために国家が実施している公的な保険制度で、保険料を納める国民全員が利用できるようになっています。民間の保険会社の保険商品を購入、加入することを考える前に、国民健康保険でどのような健康上のリスクに備えることができるのか確認しておきましょう。

国民健康保険に加入した人は、保険を利用してもしなくても毎月一定の保険料を納める仕組みになっています。怪我や病気をしないときには保険料を払っているだけですが、怪我や病気をしたときにはかかる医療費の負担が軽減されるメリットがあります。

病院に行ったときに医療費を払うじゃないか、という方も居るかも知れませんが、そのときの金額が「医療費」の全てではありません。保険を利用した場合は会計で支払う金額は「自己負担金」といい、かかった医療費の約三割の金額でしかないのです。残りの七割は医療機関から保険組合に請求されます。

その際は支払い金額だけでなく、治療が適切であったかという審査までが社会保険資料報酬支払い基金や国民健康保険連合会審査支払い機関などで行われます。そのため、医療機関は審査支払い機関に「レセプト」という書類を送って支払いを受ける形になるのです。

また、国民健康保険の自己負担は医療費の三割となっていますが、度重なる通院、入院や高度な治療で医療費が高額になった場合、保険から別途に支払いを受けることが可能になっています。これを国民健康保険による高額療養費支給制度といい、ガン治療や難病治療をしている人にとっては重要な仕組みになっています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved