介護サービスについて 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

介護保険

介護サービスについて

介護サービスは利用者が事業者と、直接契約を結ぶことによって実行されます。 サービスは大きく分けて二つのパターンに分けられます。一つは在宅サービス、もう一つは施設に入って受ける施設サービスです。

どのサービスを受けるにしても介護保険の場合利用者が受けたいものを主体的に選ぶ自由があります。様々な事業所が提案している介護サービスのなかから受けたいサービスを自由に組み合わせて、事業所にとらわれずに実行することができるのです。

たとえば自宅での食事、掃除などの介護を○○という会社に、デイケアなどは△▽という会社に、というように別の事業者と契約することも可能なのです。 しかしここで気をつけなければいけないのが利用者の要介護度です。認定の結果、要介護度のレベルがどうだったかによって、受けられるサービスの量が決まっているのです。

介護保険ではその介護度に応じて「在宅サービスを○円までなら一割負担で受けられる」という限度が設けられています。限度額内であれば、どのサービスを組み合わせても自己負担は1割に抑えられます。反対に支給限度額以上のサービスを受けた場合、超過分が利用者の個人負担となります。

経済的に余裕がある場合は自己負担で介護サービスを増やすことができますが、そうでない場合は自分に必要なサービスを吟味する必要がありますね。 限度額範囲内でどのサービスをどのくらい受けるかを考え、ケアプランを作成するのですが、この作業は大抵ケアマネージャーに依頼することになります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved