介護保険の利用法 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

介護保険

介護保険の利用法

介護保険サービスを利用できるのは、第一号被保険者と第二号被保険者です。第一号被保険者とは65歳以上の高齢者、第二号被保険者とは40~64歳で特定の疾病や障害などで介護を必要としている人が対象です。第二号の特定疾病とは主に老化が原因となっている病気のことです。

介護保険制度は介護利用者からの申請に基づいて、事業者から提供される介護サービスになるためサービスを利用したい人は保険制度そのものと介護に対する正しい知識が必要になります。利用者が主体となって利用する制度だということをしっかり認識することが、この保険制度を上手く利用するコツになります。

サービスを受けるためには、まず要介護認定を受けなければいけません。この認定で正しい介護レベルの判定をしてもらうことが、要介護者、介護者ともどもの生活の質を向上させるために大切です。要介護者本人のありのままの姿を調査員に把握してもらい、正しく介護レベルを判定してもらいましょう。

介護レベルの判定が終わったら、信頼できるケアマネージャーとともにケアプランを作成します。ケアプランを作成する際には、日頃の生活で特に困っていることや改善したいこと、訪問介護を望むのかデイケアなどの出かける必要のある介護を望むのか、医療系サービスがいいのか介護形サービスがいいのか、などで切る限りの話し合いをしましょう。ここで希望をはっきりと伝えておかないと、自分の望む介護サービスが受けられなくなってしまうからです。

介護サービスの受けた場合、毎月の保険料のほかに利用したサービスの料金の一割を支払うことになります。この保険料+一割負担という決まりは誰にでも平等です。サービスの値段は全国共通に設定されており、受ける時間や利用者の症状の重さによって金額が違ってきます。自分の介護度と欲しいサービス、支払い能力に応じてサービスを選択することができるのが、この介護保険の大きな特徴です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved