介護保険の仕組み 保険の申請マニュアル

保険の申請マニュアル

介護保険

介護保険の仕組み

介護保険制度は、国民が介護保険料を支払うことでその保険料を財源とし、要介護者へ介護サービスを提供する国の制度です。この介護保険は国や都道府県、市町村などの税金から、必要な経費の半分をまかなう形で運営されています。

介護保険制度で介護サービスを受けるためには、要介護度レベルという介護の必要性を示す基準を満たす必要があります。この介護度は介護認定審査会によって判定、介護保険事務所によって認定されます。

サービスが受けられるのは、第一号被保険者(65歳以上)や理由に関わらず介護を必要とされる第二号被保険者(40~64歳)、特定の疾病によって介護が必要な人です。この内、自ら申請して要介護度の認定において「要介護、要支援」とされた人がサービスを受けるようになっています。

将来介護保険を利用するために、国民は40歳以上になると介護保険料を負担します。そしてこのサービスを利用するときは、要介護のレベル別に自分で必要なサービスを選択し、介護計画を立てる方法で利用するのです。つまりこの保険制度の利用者は、要介護者が自らの意思で主体となって介護サービスの計画を立てる必要があります。そして立てた計画に必要なサービスを提供している、介護サービス事業者と個人で契約を結ぶのです。

しかし多くの利用者は自分にどのようなサービスが必要で、どんな事業所と契約をしたらよいかわからないといいます。そのため、ここで重要なかかわりを持ってくるのが、ケアマネージャーという職種になります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 保険の申請マニュアル All Rights Reserved